たほいや@ことのは このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004§06§07§08§09§12§
2005§02§
2006§04§
2007§02§
 ●@ことのはインフォーマル中華ことのは絵文録ことのは
 | 

2004-09-13

たほいや倶楽部れんれんびき たほいや倶楽部れんれんびき - たほいや@ことのは を含むブックマーク はてなブックマーク - たほいや倶楽部れんれんびき - たほいや@ことのは たほいや倶楽部れんれんびき - たほいや@ことのは のブックマークコメント

「れんれんびき」は広辞苑に載っている言葉です。さて、以下の8つの解説のうち、本物はどれでしょう?

  • 1.れんれんびき【恋恋引】恋慕の情を立ち切れないこと。
  • 2.れんれんびき【恋々引き】未練がましくつきまとうこと。特に失恋した相手にしつこくつきまとうこと。
  • 3.れんれんびき【煉錬引】丸薬を造る工程のこと。薬を練って固め、千切りにしたあと、板に挟んで再度練り、丸薬とする。
  • 4.れんれんびき【連鎌弾き】大正琴の演奏法。龍角の近くで弦を引っ掛けるように爪弾く。
  • 5.れんれん-びき【連連引】江戸時代の免租法の一。山崩れ・洪水などの災害で耕作不可能となった田畑を免租地とすること。
  • 6.レンレンビキ【連々引】(renen renviijk(オランダ)の略訛)舶来の絹麻混紡織物。元禄(1688~1704)前後、祇園や先斗町で流行した。連捻。
  • 7.れんれんびき【連連引き】 一箇所に複数の網を設置する地引漁法。
  • 8.れんれん-びき【連々挽】ろくろの一種で、縄をいずれの方向に引いても、台が同じ方向に回るように工夫したもの。

# d:id:as1982_11 『うーん、4か?』 (2004/09/01 11:18)

# d:id:jinc 『8にします、検討は9月1日の日記で』 (2004/09/01 12:47)

# d:id:another 『6でいきます。考察はg:club-tahoiyaで。』 (2004/09/01 23:17)

# d:id:sugio 『文章が広辞苑的に思えた1、5、7から選んで1。』 (2004/09/03 04:27)

# d:id:debedebe 『5』 (2004/09/03 23:43)

# d:id:Nabetani 『7でお願いします。』 (2004/09/09 21:55)

# d:id:nobody 『8です。』 (2004/09/11 00:45)

# d:id:sasada 『8は実際に有るんですよね、こんなのが。でも6。』 (2004/09/14 12:07)

正解はこちら>d:id:matsunaga:20040914#p1

たほいや倶楽部おんめぞう たほいや倶楽部おんめぞう - たほいや@ことのは を含むブックマーク はてなブックマーク - たほいや倶楽部おんめぞう - たほいや@ことのは たほいや倶楽部おんめぞう - たほいや@ことのは のブックマークコメント

「おんめぞう」は広辞苑に載っていない言葉です。それ以外の何らかの辞書・辞典・事典・用語集などが出典です。

  • 1.おんめぞう 和歌山県有田郡付近で出るという妖怪醤油桶を洗わずに放置していると桶から出てくるという。目はひとつ。醤油の味を悪くする。
  • 2.陰馬蔵 おんめぞう [s:kosopagata-vastiguhya] 〈陰蔵〉〈陰蔵相〉〈陰蔵如馬王〉などともいう.仏陀に備わるとされるすぐれた身体的特徴(三十二相)の一つで,色欲を離れた高潔な人の男根は常に体中に蔵されており,外部には顕れないというもの.
  • 3.恩女象  小柄な象。 宮沢賢治短編集「――なぞ連れてきおってあのまぬけめ」
  • 4.おんめぞう【御女増】能面の一。田楽能の名手増阿弥の始めたという気品のある女面。
  • 5.おんめぞう【御女贈布】平安時代の貴人が身分の高い女性に求婚するときに贈った反物のこと。
  • 6.おんめぞう【御馬像】神武以降の御料馬をかたどったもの。正倉院収蔵。
  • 7.おん-め-ぞう【御銘造・御銘蔵】幕府御用達の職人の銘の入った、刀剣・調度などの物品。
  • 8.おんめぞう【御免判官】検非違使にあって恩赦要請のとりまとめをする尉を指す。

# d:id:jinc 『1の妖怪おんめぞうで 検討は日記で』 (2004/09/01 17:55)

# d:id:nobuhiro-n 『私も1っぽい気がする』 (2004/09/02 13:39)

# d:id:sugio 『色欲を離れた高潔な2。』 (2004/09/03 04:21)

# d:id:debedebe 『2』 (2004/09/04 00:08)

# d:id:Nabetani 『6でお願いします。』 (2004/09/09 21:57)

# d:id:nobody 『7です。』 (2004/09/11 00:48)

# d:id:sasada 『当て字に見えないのは2と8かなぁ。記述の充実度を買って2番で!!』 (2004/09/14 12:11)

正解はこちら>d:id:matsunaga:20040914#p2

たほいや倶楽部きんさくとう たほいや倶楽部きんさくとう - たほいや@ことのは を含むブックマーク はてなブックマーク - たほいや倶楽部きんさくとう - たほいや@ことのは たほいや倶楽部きんさくとう - たほいや@ことのは のブックマークコメント

「きんさくとう」は広辞苑に載っていない言葉です。それ以外の何らかの辞書・辞典・事典・用語集などが出典です。

  • 1.キンサクトウ ヤマモモ科の常緑低木.全長50~70cm.6~7月に開花.白く細長い花弁に特徴がある.
  • 2.きんさくとう[金作灯]河竹新七(初代竹柴金作)の考案した舞台照明。牡丹灯籠などで用いられ、好評を博したたが、現在は使われていない。
  • 3.きんさくとう【金作糖】名瀬市で取れるサトウキビの汁をそのまま煮詰めて作る黒糖。主に米麹で発酵させたあと蒸留して焼酎とする。
  • 4.〔金搾糖〕てんさい(サトウダイコン)から取れる砂糖。現在日本では北海道の一部でしか生産されていない。
  • 5.【金錯刀】キンサクトウ(1)銭の名。漢の王莽の時代に鋳造した銭。刀の形をしていてそこに文字がほりこまれ、金がはめこまれている。(2)黄金で飾った刀。▽漢代、天子は全体、諸侯は環の部分だけを黄金で飾った。
  • 6.きんさくとう【金錯灯】青銅の表面に金を象嵌した灯篭のこと。古墳時代に盛んに作られたがその後衰退。
  • 7.きんさくとう【金蒴薹】フキノトウの別称。

# d:id:as1982_11 『5!』 (2004/09/01 11:21)

# d:id:jinc 『7番にしましす。検討は日記に』 (2004/09/01 18:12)

# d:id:nobuhiro-n 『4でーす』 (2004/09/02 13:42)

# d:id:another 『5にします。』 (2004/09/03 00:05)

# d:id:sugio 『2で。』 (2004/09/03 04:23)

# d:id:debedebe 『7』 (2004/09/03 23:51)

# d:id:naka64植物系は消し、古墳と灯籠はおかしいでしょうと消し、連続して灯を消し、糖を消して、5。』 (2004/09/07 20:51)

# d:id:nobody 『重複ごめんなさい。ボクシも5で。』 (2004/09/11 01:04)

# d:id:sasada漢字が難しい 7番』 (2004/09/14 12:16)

正解はこちら>d:id:matsunaga:20040914#p3

たほいや倶楽部ぼうちょうたん たほいや倶楽部ぼうちょうたん - たほいや@ことのは を含むブックマーク はてなブックマーク - たほいや倶楽部ぼうちょうたん - たほいや@ことのは たほいや倶楽部ぼうちょうたん - たほいや@ことのは のブックマークコメント

「ぼうちょうたん」の出題は、いつものたほいやとちょっと違います! 「ぼうちょうたん」は広辞苑に載っていない言葉です。 「ぼうちょうたん」は見出し語ではありません! 解説の中に出てきます。したがって、見出しは「ぼうちょうたん」ではありません。

  • 1. eagre, eager -n.《特にイングランド Humber, Trent および Severn 河口の》暴漲湍(ぼうちょうたん), 海嘯(かいしょう) (bore).
  • 2.宇部緞子〈うべどんす〉山口県小郡町で作られる紋織物。江戸中期には上方で珍重されたが、明治初期に廃れた。織元が防州と長州両国にわたっていたことから、防長緞子、防長緞とも呼ばれた。
  • 3.【長周炭】長門周防(現山口県)にて産出されるクスノキを原料とした炭。防長炭。
  • 4.はくたん 【白炭】カシやナラなどの堅い原木を用い、約1000℃の高温で炭化して製造する木炭。備長炭(びんちょうたん)・信州炭(しんしゅうたん)・防長炭(ぼうちょうたん)などは白炭である。
  • 5.髀肉之嘆 手柄を立てる機会に恵まれないまま、時間が過ぎていくのを嘆くこと。出典 三国志 中国三国時代、蜀の劉備が長い間戦がなく、馬に乗り野を駆けることもしなくなったせいで肢の肉が増えたことを嘆いた。膨張悲嘆。膨張嘆。
  • 6.ぼうちょうテープ【防鳥―】鳥害を防ぐために田畑に張り巡らせる、キラキラと光る反射性のテープ。鳥が警戒して近づかないことを期待したもので、あまり効果はないといわれる。古くは布に金糸や銀糸を織り込んだ防鳥反が用いられていたが、安価な塩化ビニルに置き換わり用いられなくなった。
  • 7.ぼうちょうりん【防潮林】潮風・津波・高潮などの害を防ぐため、海岸付近にクロマツ・イヌマキなどを植えた人工林。個々の木を人に見立てて防潮站とも。

# d:id:jinc 『2番にします、検討は日記に』 (2004/09/01 18:13)

# d:id:nobuhiro-n 『7と見た』 (2004/09/02 13:44)

# d:id:sugio 『やっぱり防州長州がそれらしいかなあと4。』 (2004/09/03 04:33)

# d:id:debedebe 『1』 (2004/09/03 23:42)

# d:id:another 『えいやあで5。』 (2004/09/04 00:09)

# d:id:Nabetani 『1でお願いします。』 (2004/09/09 21:58)

# d:id:nobody 『1、6、7 まで絞った。制限時間内にひとつに絞り切れるのだろうか。待て次号!』 (2004/09/11 01:08)

# d:id:sasada 『私のかすかな記憶では、たしか1か7だったような。漢字の雰囲気で1番。』 (2004/09/14 12:19)

正解はこちら>id:matsunaga:20040914#p4

 |