welcome

ただいま著作権侵害中。(ページのスタイルを見よ)

welcome

BUENI KOM LA 'club-tahoiya', UI HEMSSE !

ごあいさつ

ご主人様、「クラブたほいや」へ、ようこそ!

使い方(案)

たほいや倶楽部の出題者になろうとするかたにとって、どのように嘘回答を集めるかが結構なハードルでした。そこで、はてなグループです。

問い合わせフォームを活用する

たほいや倶楽部ゆとん(ほか三題)では、投稿用フォームを自前のサーバに用意するという方法が用いられました。けれども、セキュリティ上の問題があるそうです。またリモート・ホストのアドレスが知られてしまいそうで嫌だと、ためらったかたがいらっしゃったかもしれません。

そこで、「このグループについて」のページについている、「管理者に問い合わせ」フォームを活用(流用?)することを思いつきました。ぐたいてきな手順は:

  1. グループ・メンバの誰かが「たほいや倶楽部」開催を宣言する。
    • この人がお題を出す人になります。(以下、親と呼びます)。
  2. 親だけを管理権限ユーザにする。
    • 嘘回答の届け先を親だけに限定します。
  3. メンバ以外のかたも含め、みなが嘘回答を投稿します。
  4. あとは通常のたほいや倶楽部と同じです。
  5. 嘘回答募集の締め切り後は、管理権限ユーザの設定を戻します。
  6. 正解発表やまとめ、講評などを書きます。
    • これまでのように過去日記を使ってもいいですけれど……
    • グループ内の日記を使ってもいいことになります。
    • つまり選択肢がひろがった、と。

いかがでしょうか。


グループ内の日記を活用する

みなさん、回答者になったとき、選択の理由を書くと思います。長文になったとき、これまでだと自分の日記に書いていました。これからは、(このグループのメンバさんならば)グループ内の日記に、長々と蘊蓄(嘘うんちくでも可)をたれながすことができます。

ここは、ふだんの日記と切り離された世界なので、日記ポリシーのあるかたでも、ふだんの日記への影響を小さくたもてます。(たとえば、まいにちの日記は簡潔にしておいてケータイからも読みやすくしたいと思っているかたとか、日記では内輪向けの話を書いているかたとか、などなど)。つまり選択肢がひろがった、と。

いかがでしょうか。


いちおう日本語っぽく書いてみました。:-p