妄嘘想科學日報 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004-08-13

こちよん・はいどい・さいまぐり こちよん・はいどい・さいまぐり - 妄嘘想科學日報 を含むブックマーク はてなブックマーク - こちよん・はいどい・さいまぐり - 妄嘘想科學日報 こちよん・はいどい・さいまぐり - 妄嘘想科學日報 のブックマークコメント

http://club-tahoiya.g.hatena.ne.jp/mozuyama/20040812にて正解発表。正解当ては2当て1騙され、嘘つきは5騙し。さいまぐりでid:another氏に騙されたもののこちよんで騙せたので相殺か。

さて、今回の嘘のつき方について。

こちよん

こちよん【Cochyon】カイガラムシ属の雌が分泌する赤色素。古くから染色に用いられる他、食品添加物としても利用される。


これはコチニールの説明。本当はカイガラムシ属のエンジムシという寄生性昆虫の乾燥体から抽出される色素で、マヤ文明などで染色に利用されていた。

実在する用語の説明を元にしているので説得力が強かったのか、あるいはコチニールに聞き覚えがあった為か、強豪another氏含む3人騙しに成功。

さいまぐり

サイマグリ (ギ神)冥界の番人。死者の服を剥ぎ、その重みで罪を知るとされる。


日本語として思いつかなかったので適当に。「さい」の音からξ(xi)やψ(psi)を連想したのでギリシャ神話ででっち上げることにした。内容は概ね脱衣婆。

はいどい

はいどい【灰樋】灰吹法により金銀を精製する際、炉から鉛を含んだ灰を排出するための樋。


音から灰の樋と変換されたため、その線に沿って展開。金銀の精錬に使う「灰吹法」とは石見の銀山で実際に行われていた精製法。

鉛が銀と融解し易く鉄などと融解し難い性質を利用して不純物を取り除いた合金を作り、次に灰の上でこの合金を一気に加熱する。すると酸化した鉛は表面張力が弱いため灰に吸収され、その上に銀だけが残る。

この灰は鉛を含んで固まっているため樋から流れるようなものではないような気もするが、灰吹法についての説明はないためそれほど不自然には見えない。

しかし「灰樋」という誰でも考えつく表記であったことが仇となり巧く騙せずに終わった。

2004-08-10

たほいや倶楽部すいろん 11:40 たほいや倶楽部すいろん - 妄嘘想科學日報 を含むブックマーク はてなブックマーク - たほいや倶楽部すいろん - 妄嘘想科學日報 たほいや倶楽部すいろん - 妄嘘想科學日報 のブックマークコメント

  • 1. こちよん 津波や礁を発見した時にかける掛け声。cautionが訛ったものという。
  • 2. こちよん The Cotillon Angus Willson・著 高山直之・訳
  • 3. こちよん【胡地読】都城、住宅、墳墓の地を定めるために、地気・地勢・方位などの状況を、占象(うらかた)、陰陽五行説に基づく理詰めその他の手段で扱いやすいように読み下すこと。このような占象は平安中期ころ開墾に当たって行われることが多かった。
  • 4. こちよん【高智泳】1974年ソウル生まれ。俳優。東国大学卒。代表出演作「宿命」「愛こそはすべて」。
  • 5. コチヨン[フ cotillon<cotte(短いスカート)]フランス民族舞踊の1種.8人1組で踊る.ルイ14世のころ宮廷舞踊となり,19世紀に流行.舞踏会の最後に踊られた,軽快な踊り.コチロンとも.
  • 6. こちよん【Cochyon】カイガラムシ属の雌が分泌する赤色素。古くから染色に用いられる他、食品添加物としても利用される。
  • 7. コチヨン☞コーゼ・チンティ・クアトロ
  • 8. コチ四(こちよん)ニコチン含有量〇・四ミリグラムタバコ。やや軽めの製品となる。⇒ニコ一 ⇒コチ三

まずは消去法。

3、「読」で「よん」と読ませるのはいくら何でも強引では。

4、韓国でも「高」で「こ」とは読まないような気がする。

7-8、「コチ4」はないと思う。

残った1、2、5、6だが2と5でcotillonが被るのは気になる。こういう時は嘘の傾向が強いが、ここで気になるのは5が他と違って全角数字を用い、「。」に代わって「.」を用いている点。こういう書き方をする日記は嘘作成者の中にはないし、出題者のid:mozuyama氏もそうは書かないが、彼は日記内で必ず全角数字を使っているので出題時にもそうなった可能性がある。


  • 1. さいまぐり【先まぐり】[四段]《サイはサキの音便形》さし出て話の先を言ってしまう。さし出ぐちをする。「にくきもの。…物語するに、さし出して我ひとり―・る者」〈枕二八〉。「私行、サイマグル」〈名義抄〉
  • 2. さいまぐり【彩馬繰】田中修桂氏の長編詰将棋。馬鋸に桂打ち、成捨てを組合せた独創的なプロットで765手という長手数を達成した。1980年看寿賞。
  • 3. さいまぐり【先まぐり/才捲くり/才抂ぐり】ものごとを頻繁に先取りしようとして、情緒が安定しないさま。
  • 4. さいまぐり【歳間繰り】歳を偽ること。鯖を読む。
  • 5. 債間繰り 手形の支払いを延期すること。手形のジャンプともいう。期日の訂正と手形の再振り出しの二種類がある。
  • 6. サイマグリ カモメ科の鳥。留鳥。主に北海道東部の海岸や河口に生息する。黒い帽子をかぶっているように見える頭部と,嘴の赤い筋を特徴とする。全長約55cm,翼の開張約140cm。本種の名はアイヌ語のサマゲラ(黒い頭)に由来する。
  • 7. サイマグリ (ギ神)冥界の番人。死者の服を剥ぎ、その重みで罪を知るとされる。
  • 8. さいまぐり【先紛り】前途が明らかでないさま。さきまぐれ。
  • 9. さいまぐり[賽目栗]サイコロの形に整えた栗きんとん。明治四十三年、西院の松梅庵が高級丹波栗を使って製造・販売したのが最初です。てっぺんに小さな円い赤色の飾りが付いており、縁起物として京都の人々に愛された一品。

まずは消去法。

1、「まぐり」が未消化の感。

2、出題者が将棋の人だけに正解もありそうだとは思うが、それを逆手に取った引っかけにも思える。いやいや、そう考えて外すことを念頭に置いた意地の悪い出題かも……きりがないが、「彩」の字に引っかかりを覚えて却下。

4-5、音の「さい」と訓の「まぐり」の組み合わせに違和感。

7、渡し守カロンは知っているがこれは知らない。内容は日本の脱衣婆に酷似。ギリシャ神話日本神話には何故か共通点が多いし、同じような神に違う名がつく例もあるから一概に否定できるものではないが、取り敢えず却下。

9、実在すればもっと知られていそうなものだ。ガイドブック風は面白いが多分違う。

残るは3、6、8。6は数字が全角で、こちよんの推理ロジックを当てはめればこれを選ぶところだが、内容に一抹の不安が。また3は異表記に一貫性がないような気が。よって8。


  • 1. はいどい(東北地方で)ばからしい。
  • 2. はいどい【ハイド委】「情報通信整備ならびに暗号化通信に関するハイド小委員会」が正式名称。アメリカ合衆国の全世界的通信傍受システムエシュロン」に対する危機感を受け、欧州議会に提出された「通信傍受能力2000」レポートに基づき、2001年1月17日、EU情報通信委員会内に設置された。委員長はピーター・ハイド(アイルランド)。通信傍受から防御するためのプロトコル策定を進める一方で、通信諜報に対して積極的対抗手段をとるよう提言している。[Hyde Subcommittee]
  • 3. はいど・い(形)大げさで逆効果な様子。あくどい。
  • 4. はいどい【灰樋】たたら製鉄において、木炭の灰などを含む残滓を炉から排出するために設けた樋。
  • 5. はいどい【灰樋】灰吹法により金銀を精製する際、炉から鉛を含んだ灰を排出するための樋。
  • 6. はいどい[這樋]屋根が二段になっている場合に,上段の屋根のたてどいから下段の屋根の軒どいに導くために屋根面に沿って設けるとい.(=流れどい)
  • 7. はいどい〔這い訪い〕[古語](名・サ変自)一般に、男が女のもとへ人目を忍んで訪れること。[用例]「弁の宰相の君の―・するは」(紫式部日記
  • 8. 這い樋 角道をあけず、引いて戦う(多くの場合7九角とする)戦法。棒銀戦法と一緒に使われることが多く、これを鳥刺しという。→鳥刺し
  • 9. はいどい【灰樋】溶鉱炉・ゴミ焼却炉など高温下でものを反応させる炉でのスラグ取出口、その周囲の装置群を指す。

まずは消去法、2は正式名称に「ハイド」が必要ないように感じるため却下。

4、5、9の灰樋、3人かぶりは誰でも同じことを考える証拠と言える。そんなにわかり易い言葉を出題するだろうか。却下。

7、「這う」は「夜這い」からの連想か。しかし語源が「嫁う」にあったと記憶しているので「這う」だけでは使わないのでは。却下。

8、内容と「這い樋」の名称に共通点が感じられない。将棋用語とするのも引っかけに見える。

残るは1、3、6、1と3がどちらも方言に逃げているのでこれを外して6。

2004-06-23正解当て・嘘吐き指名

たほいや倶楽部ぼろおん たほいや倶楽部ぼろおん - 妄嘘想科學日報 を含むブックマーク はてなブックマーク - たほいや倶楽部ぼろおん - 妄嘘想科學日報 たほいや倶楽部ぼろおん - 妄嘘想科學日報 のブックマークコメント

これは消去法ではなく指名買いで4。私の趣味範囲であるところの鉱物関係では硼酸塩鉱物をborateと言うから、硼素酸化物がboroneというのは充分に有り得る線。ついでに父の職業柄、楽器にはそれなりに詳しいつもりだが、ボローンという楽器を聞いたことがない(私の知識範囲では地方の特殊な楽器まで網羅しているわけではないのだが)。1のバイオリンは「ビヨロン」からの発想か。

たほいや倶楽部まんげえ たほいや倶楽部まんげえ - 妄嘘想科學日報 を含むブックマーク はてなブックマーク - たほいや倶楽部まんげえ - 妄嘘想科學日報 たほいや倶楽部まんげえ - 妄嘘想科學日報 のブックマークコメント

取り敢えず消去法から。5は(1)鰻を防ぐ必然性がない(2)鮎に疑似餌は使わないような(3)そもそも一緒に釣れるものか、ということで除外。8は窓の意を持たないので説明にそぐわない(窓ではないステンドグラスも皆無ではないが)。

会3連の中で、2は幡家大師なんて聞いた事もないので除外。3は仏事でないので除外。

5は宴を「え」と読む点が引っかかる。

6は「げー」のスペルgeeがドイツ語らしくない。

残るは1、7、どちらも甲乙つけ難いが……7の「散華」の意味に疑問を感じるので1で。

たほいや倶楽部やらまやふう たほいや倶楽部やらまやふう - 妄嘘想科學日報 を含むブックマーク はてなブックマーク - たほいや倶楽部やらまやふう - 妄嘘想科學日報 たほいや倶楽部やらまやふう - 妄嘘想科學日報 のブックマークコメント

これはなんというか……みんな嘘臭い。

1は作成者自身がネタの法則と告解しているので除外。2は作家名も作品も聞いた事がないので除外。3、これ凄く良いがやはり聞いた事がないので除外。4、5は判断のしようがないので保留。6はこんな建築様式聞いた事がないし、二つの「や」が取って付けたようなので除外。

さて、保留した4と5だが、なんとなく4は日本語が思いつかなかった結果のでっち上げと見えるので5を正解と判断。

2004-06-14

嘘吐き宛 嘘吐き宛 - 妄嘘想科學日報 を含むブックマーク はてなブックマーク - 嘘吐き宛 - 妄嘘想科學日報 嘘吐き宛 - 妄嘘想科學日報 のブックマークコメント

嘘作成者は他人の嘘を言い当ててしまうと自分の嘘を暴くことになるので黙して語らぬようにせねばならないが、それはそれで寂しいのでこの下にこっそりコメントアウトで書いておくものとする。


<--コメントアウトここから

たほいや倶楽部よようのがく

  1. 【予庸の額】
  2. 【余用の学】正解id:another
  3. 【余用の学】
  4. 【余用の学】id:DocSeri
  5. 【余用之学】id:smoking186id:naka64
  6. 【余姚の学】id:jouno
  7. 【余姚之学】id:mozuyama正解
  8. 【豫俑之楽】
  9. 【夜妖の学】id:sugioid:matsunaga
  10. 【舁幼の学】

文字で捻るのはやめてシンプルな解答を狙い3人騙すも、方向性の同じid:another氏に騙され。

たほいや倶楽部ろうろうろう

  1. 【Row, row, row】広辞苑?引っ掛けられたっぽくもある。id:mozuyama
  2. 【Row,row,row!】id:DocSeri
  3. 【ろうろうろう】
  4. 【ロウロ洞鵜】id:sugio……と思ったら居なかった。id:nobody……でもない。id:haikyo
  5. 【労労楼】id:mozuyama正解
  6. 【老牢蝋】id:another
  7. 【隴郎楼】id:jouno
  8. 【瞜嘍瘻】([目婁][口婁]瘻)id:smoking186

どうしても漢字を当てられなかったので1とほぼ同じ内容を念頭に嘘作り。適当映画をでっち上げるも知識不足にて半端に終わる。というか出典の読み違いか。

で、頭から離れなかった1に騙され。


id:jouno氏は物語を作ってしまう傾向から推理。id:another氏はもっともらしさからマークしたつもりだったが思いっきり騙される。id:smoking186氏は難読漢字を押さえて半分当たり。

結構当たらないものだ。実際のたほいやでは(付き合いの長いメンバーでやることが多いので)他人の傾向から嘘を除外して絞り込むのだが、たほいや倶楽部では過去のデータが少ないのでそれができない。

コメントアウトここまで-->


正解が発表されたら公開するが、これは勿論発表を見てから書いた可能性を否定できないので集計的にも無効である。

nobodynobody2004/06/21 09:17パパさん騙し大王様、「ろうろうろう」のあたりから、軒並み del が閉じられていませんです。ではでは。

DocSeriDocSeri2004/06/21 09:33あ、失礼しました、delをコピーして/を付け忘れたようです。

2004-06-11

メール送信フォーム、再利用 メール送信フォーム、再利用 - 妄嘘想科學日報 を含むブックマーク はてなブックマーク - メール送信フォーム、再利用 - 妄嘘想科學日報 メール送信フォーム、再利用 - 妄嘘想科學日報 のブックマークコメント

この前利用したメール送信フォームは、はてな内で完結しないという問題点こそあったものの運用性としてはかなり良好で、しかしspamに利用し得るという問題点からこの利用を停止したのだけれど、考えてみればクラブたほいや内にフォームを設置してグループ内閲覧のみに限定すれば、外部からの利用を防げるのではないかと思った。無論設置場所を知られないという前提条件は付くが。

つまりこの案においては、本グループは嘘をつく人の集まりに限定し、現在のフルオープンな状態からややクローズな状態に移行することになる。


で、これはこれで参加者が信頼できるという前提があっての話なのだが、まあそっちのほうは心配には及ぶまいな。