妄嘘想科學日報 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-02-08

たほいや倶楽部きみさわがた たほいや倶楽部きみさわがた - 妄嘘想科學日報 を含むブックマーク はてなブックマーク - たほいや倶楽部きみさわがた - 妄嘘想科學日報 たほいや倶楽部きみさわがた - 妄嘘想科學日報 のブックマークコメント

  1. きみさわがた【君沢形】幕末ロシア使節プチャーチン伊豆国君沢郡(今、田方郡)戸田村でスクーナー型帆船を建造して帰国した後、幕府が同地の船大工に造らせた同型帆船。一八五七年(安政四)に竣工
  2. きみさわがた【公澤潟】三重県北部に位置する干潟
    • あまりにストレート。自分だったらこれを出題しない。
  3. きみさわがた【木見沢形】テングダケの一種の俗称。無毒で美味だが、その外見から食用には敬遠されている。長野県木見地方で古くから珍重されてきた。学名 Pulcherricium caeruleum。
    • 俗称ならなおのこと、「形」はないと思う。
  4. きみさわがた【黄ミサワ型】沖縄紅型の形式のひとつ。特殊な染料を用いた鮮やかな黄色が特徴であったが、現在は生産されていない。
    • 沖縄紅型ってなんだ。ミサワってなんだ。説明のようで説明でない。
  5. きみさわがた 【君沢潟】三重県にある汽水湖。面積12. 87平方キロメートル真珠等の養殖で知られる。
    • 2と同じくストレートだが多少説明っぽい。しかしどうして両方とも三重なのか。正解を知るものによる嘘?正解かも知れない。
  6. きみさわがた【君澤肩】君澤宗介が1963年に発見した疾患。肩が急に充血して激しく痛み、鼓動が早くなり人事不省に陥る。
    • 肩の充血で人事不省?それは考え難い。
  7. きみさわがた【喜美澤潟】小説家社会運動家。本名は晴郎。労働者階級解放を訴え、「平郎社」を設立した。作「鳳凰」「白夜」「颯天」など。(1868~1925)
    • こういうのは真贋判別しようがない。
  8. きみさわがた【木目沢片】→「きみさわ」に同じ。また、それを身につけている僧のこと。
    • 「きみさわ」に同じ、という書き方に違和感