妄嘘想科學日報 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-02-08

たほいや倶楽部ひよめき たほいや倶楽部ひよめき - 妄嘘想科學日報 を含むブックマーク はてなブックマーク - たほいや倶楽部ひよめき - 妄嘘想科學日報 たほいや倶楽部ひよめき - 妄嘘想科學日報 のブックマークコメント

  1. ひよめき【小和めき】聞こえるか聞こえないかという程の小さな鳴き声。
  2. ひよめき【日和めき】穏やかな好天の続くこと。吾妻記十三「やうやう——たる」
    • 基本的に文句ない、が同じネタが他にあるというのは気になる。そんな予想し易い答えを出題するだろうか?
  3. ひよめき【霊夜滅鬼】→ひよめっき(霊夜滅鬼)
    • 激しく当て字くさい。
  4. ひよめき 日和が温かくなり、春めいてくるさま。
    • 2と同じ発想。ただし漢字表記の括弧なしという点が却って広辞苑っぽい。正解とみた。
  5. ヒヨメキ【heyomech】ブルターニュ地方のバグパイプ。著しく長い通奏管が一本ないし二本あるのが特徴。
    • 無理矢理日本語以外での表記を考えたような印象。
  6. ひよめき【顋門】(ひよひよと動く意) 幼児頭蓋骨がまだ完全に縫合し終らない時、脈搏につれて動いて見える前頭および後頭の一部。泉門。おどり。おどりこ。しんもん。そうもん。
    • 用語の堅さに対し「ひよひよと動く」がそぐわない。
  7. ひよめき【碑よめ器】奈良県飛鳥地方で出土した石器。推古天皇の時代のものと思われるが、用途は不明である。日本書紀にある「碑よめ」の儀式に使われたものではないかとの説からこの名となっている。
    • 「碑よめ」て。
  8. ひよめき【灯嫁来】昭和初期まで東北地方の一部で作られていた小型の行灯。持ち手がついており、夜這いの際に用いられたとされる。ひよめこ。
    • それなら「灯」が最後に来そうなものだが。