妄嘘想科學日報 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-02-15たほいや倶楽部まなしかたま・すびく・ちまぶえ

まなしかたま まなしかたま - 妄嘘想科學日報 を含むブックマーク はてなブックマーク - まなしかたま - 妄嘘想科學日報 まなしかたま - 妄嘘想科學日報 のブックマークコメント

出題

  1. まなしかたま【真然珠】日本古代卑弥呼の時代に高貴な身分の者が用いた、黒めのうや真珠などを材料に作られた装身具。
  2. まなしかたま【俎し架田馬】二重円の中に井桁をかたどった家紋。今の福井県、または岐阜県に多く見られる。
  3. まなしかたま【目無堅間・目無籠】密に編んで塗料をぬった、隙間のない竹籠。上代の舟の一種。まなしかつま。神代紀下「---をつくりて…海に沈む」
  4. まなしかたま【間無詩過多間】国語界、文壇などでの専門用語。「行間のない(少ない)ものにこそ多くの間(余白)があるのだ」と言う意味言葉
  5. まなしかたま【無真片真】故意に真実を隠そうとして曖昧言葉でごまかそうとするさま。またはそのような人。
  6. まなしかたま みすねの周囲にある飾り。
  7. まなしかたま【間無片間】武家屋敷で離部屋の脇に設けられた板間。廊下に対して間仕切が無く、奥行が狭い。控所等に使用された。

正解当てコメント

キーワードコメント欄より

id:sugio 『ぜんぶ嘘っぽいなあ……字が読めない2で。』 (2006/02/05 20:08)

id:kagero-yoko 『嘘を考えようとして「眼無し〜」の続きが思いつかなかった。騙されてみるつもりで3.』 (2006/02/06 19:42)

id:debedebe 『浮いている6にダイビング』 (2006/02/09 10:08)

id:Nabetani 『2か5で迷って、5で。』 (2006/02/12 21:31)

id:alisato 『えーと3で。「まなし」の「なし」は無だと思うのでその文字を使ったものの中で説明文がもっともらしいのを。』 (2006/02/13 00:32)

id:Hebi言葉のきれとしては5が素敵だと思うのですが、ビジュアルで1。』 (2006/02/14 23:19)

ブックマークコメントより

id:another 『[たほいや]ではブックマークから解答します。(キーワードコメントでも未だに解答0ですか……。) 1でどうでしょう。』

正解と騙され

  1. まなしかたま【真然珠】日本古代卑弥呼の時代に高貴な身分の者が用いた、黒めのうや真珠などを材料に作られた装身具。(嘘吐き:id:kagero-yoko/騙され:id:Hebiid:another
  2. まなしかたま【俎し架田馬】二重円の中に井桁をかたどった家紋。今の福井県、または岐阜県に多く見られる。(嘘吐き:id:debedebe/騙され:id:sugio
  3. まなしかたま【目無堅間・目無籠】密に編んで塗料をぬった、隙間のない竹籠。上代の舟の一種。まなしかつま。神代紀下「---をつくりて…海に沈む」広辞苑/正解:id:kagero-yokoid:alisato
  4. まなしかたま【間無詩過多間】国語界、文壇などでの専門用語。「行間のない(少ない)ものにこそ多くの間(余白)があるのだ」と言う意味言葉。(嘘吐き:id:maix2
  5. まなしかたま【無真片真】故意に真実を隠そうとして曖昧言葉でごまかそうとするさま。またはそのような人。(嘘吐き:id:igatoxin/騙され:id:Nabetani
  6. まなしかたま みすねの周囲にある飾り。(嘘吐き:id:Nabetani/騙され:id:debedebe
  7. まなしかたま【間無片間】武家屋敷で離部屋の脇に設けられた板間。廊下に対して間仕切が無く、奥行が狭い。控所等に使用された。(嘘吐き:id:sugio

全体に解答が散りました。

「なし」を「無」と充てる嘘の多い中で初参加id:kagero-yoko氏の「真然(どこで読みを区切るんでしょうこれ)」はハイセンス。個人的には「古代卑弥呼の時代に」は少々無理があるかな、と思いましたが、今後に期待です。

id:debedebe氏の「俎し」は予想外。意味を家紋とする辺りも流石です。

id:Nabetaniが説明も無しにさらっと「みすね」とか書いててどんなものだろうと思いましたが、これ自体でっち上げのようで。お見事。